イメージ画像

インターネットについて

我々の生活に欠かすことがないようになったインターネットですが、一般に普及しはじめたのはWindows95が登場してからである。最初の頃はダイアルアップ接続であり、今のようにADSLや光が普及したのは最近の事である。

そう思うと、光回線になってからのインターネット生活は便利になったといえる。そもそもインターネットとは、通信手段である。通信プロトコルTCP/IPを用いて全世界のネットワークを相互に接続したコンピュータネットワークの事である。また、インターネットをする上ですべてのネットワーク上に存在するコンピュータには、IPアドレスがある。これは住所のようなものである。IPアドレスによって、どこの誰だかわかる事もある。インターネットをするには、コンピュータ以外に接続機器やADSL回線、光回線などと契約し接続する必要がある。

回線だけを接続してもインターネットは始められない。プロバイダ契約もする必要がある。順序が逆になってしまったが、まずプロバイダと契約し、回線を選ぶ事になる。その際、光回線なら自宅内の引き込み工事をしないといけない。ADSLなら簡単な工事だけで始められる。

素人では配線などわからない事もあるからプロにお願いするのが簡明だろう。インターネットを始めると、いろいろな情報が入ってくる。情報が錯綜しないようにすることが大切だ。プロバイダには、ブログサービスも提供されている。ブログを始めると知らない人との交流も簡単に出来るようになる。コミュニケーションが広がるのはいいが、落とし穴もあるので気をつけたい。

このページの先頭へ